投稿日:

土地の相続税の計算について

不動産を相続するにあって忘れてはいけないのが土地の問題です。
建物が立っている土地にももちろんですが、相続税が発生します。
意外と相続税の計算に忘れがちな内容ですので、しっかりと計算できるようにしておきましょう。

実際に土地を相続するにあたって評価額がどれくらいになるのかがわからないという方も多いです。
これから土地について相続税の計算を行う際にどのような手順で算出されるかをチェックしておきましょう。

まず土地の評価額です。
土地の評価額に関しては基本的には市街地であれば路線価方式、市街地以外であれば倍率方式によって評価されます。
路線価方式とは、その土地が面している道路についている価格評価額に、土地の面積を掛けて計算します。
異なる価格のついている道路が面している場合には補正率を使い調整された金額で計算します。

倍率方式とは、市街地以外の宅地や田んぼ、畑、山林などに対して、土地の固定資産税評価額に応じた地区と種類ごとに決められている一定の倍率を掛けて評価額を求めるという計算方法になります。
固定資産税評価額とは国が定めた基準額に基づき、市町村が定めた価格に準じます。
一般的に土地は時価の60%から70%、建物は建築費の50%から80%程度になります。
マンションの場合は全体の評価額を総戸数で分割した価格になります。

また土地の相続税において忘れてはならないのが小規模宅地等の特例です。
これは居住用の土地においては被相続人と同居していた配偶者や親族が相続した場合に評価額を80%減額できるものになります。
240平方メートルまでが対象となり、あくまでも居住用が対象で事業や貸付用の土地は含まれません。
評価額が2,000万円の土地であっても400万円まで評価額を下げることができ相続税に対しては大きな効果があります。

これから相続税を計算したいと考えている方は路線価などを調べ、その上で土地の評価額がいくらかになるのかを踏まえて計算を行ってみましょう。
遺産相続につよい法律事務所なら虎ノ門法律経済事務所