投稿日:

遺産分割協議と相続税の計算

相続税を計算するにあたって、遺産分割協議について抑えておく必要があります。
遺産分割協議とは相続人が複数存在する場合、具体的にどのように分割するのかを話し合うことです。
相続人が複数存在する場合、後々遺産のことで揉め事になったり争いが起こることがあります。
そのため相続財産を分割するための大事な証拠ともなります。

遺言がない場合は法律に定められている相続人が遺産となる相続財産を相続します。
相続人が複数存在する場合は共同の財産となり、適切に分割する必要があります。
この分割の内訳について話し合うのが遺産分割協議であり、この協議には相続人全員が参加しなくてはなりません。
誰かひとりでも欠けてしまうと協議自体が無効になってしまいます。

この協議を元に話し合った結果を遺産分割協議書として作成しておくようにしましょう。
これは必ず作成する必要があるわけではないですが、前述のとおり協議の証拠となり後の遺産争いなどを避けることが可能になります。
証拠書類として効力があるだけではなく、相続財産に不動産などがある場合、その所有権の移転登記の際にはこの協議書が必要となるのです。
絶対に作成しなくてはならないというものではありませんが、争いを避けることだけではなく相続税の計算の際にも必要なセクションとなります。
相続税の納付を行う際に間違いもなくなります。

この遺産分割協議を行う際には相続人の確定について最優先でおこないましょう。
被相続人の出生から死亡までの除籍謄本に加えて改製原戸籍等を請求します。
戸籍謄本などの書類を確認し相続人を確定させることで間違いの無い遺産分割協議が可能になります。
もし後から相続人が見つかると再度遺産分割協議をやり直す必要があります。
そのため注意しておくようにしましょう。

相続税の計算をする上で欠かせないのが遺産分割協議です。
何か不安なことやしっかりとした書類の作成などを行いたい時には弁護士など専門家の立ち会いの元作成するのが望ましいでしょう。