投稿日:

相続税は子供のみだとどうなる?

相続

・相続税で重要な法定相続人の考え方
相続税を計算する時、重要となってくるのが法定相続人です。
法定相続人というのは、いわゆる相続をする側の人たちのことを言います。
逆に相続をさせる側の人を被相続人と呼びます。
これらの考え方については、若干わかりづらいところがあるので、しっかり理解しましょう。
なお、相続人に関しては、被相続人が亡くなった段階で調査が始まります。
主に法定相続人として考えられるのが、妻や夫などの配偶者です。
その他、子供がいる場合には、子供も法定相続人となります。
配偶者も子供もいない場合は、被相続人本人の両親や兄弟姉妹、いとこなどが優先順位ごとに法定相続人となっていきます。
つまり、家庭の状況によって法定相続人はまったく違ってくるのです。
中には過去に離婚歴があったり再婚歴があったりすると、それらの人まで調査が必要です。
隠し子などがいれば、それらの子供たちにも法定相続人の権利がありますからね。

・子供のみの場合だとどうなるのか
法定相続人が子供のみの場合というのも、実は珍しくありません。
被相続人が離婚している場合はもちろん、すでに死別している場合なども考えられます。
そうなった場合は、子供たちが法定相続人として相続を受けるのです。
本来、配偶者が受け取るはずだった遺産を、残りの法定相続人で分割することになります。
つまり、子供が1人の場合は1人で受け取って良いのですが、2人3人と増えていけばいくほど、財産や資産を分割しなくてはなりません。
そこも考えて話し合いを進めていくことが必要となるので注意が必要です。
一応優先順位としては長男や長女が一番で、次に次男や次女という感じで決められています。
しかし、子供たちに優劣はないということで、遺産は均等に分割されるのが一般的です。
そこは子供たちで話し合っていくことが必要となるでしょう。

・相続放棄をする場合だとどうなるのか
子供が1人で、なおかつ相続放棄した場合は、遺産を受け取る人がいなくなるので、国に帰属することになります。
もしくは、被相続人本人の両親や兄弟姉妹がいれば、そちらに相続されます。
また、子供が複数いて、その中の誰かが相続放棄した場合は、他の子供たちがその分を分割して相続するこ都になるのです。
一見すると相続放棄をすれば損をすると思うかもしれませんが、被相続人に借金やローンがある場合は相続放棄も視野に入れておくことが重要です。
わからないことは税理士などに相談してみてください。

投稿日:

相続税で考慮したい控除のこと

相続税

相続税は申告と納付の義務がありますが、この税金に関しては納得できない人も多いです。
そもそも被相続人が税金を支払って購入し、税金を支払って維持してきたものを受け継ぐだけで、なぜ税金がかかるのかと憤りを感じている方も少なくありません。
しかし、現行の法律では、相続するだけでも税金がどうしても発生してしまいます。
それは国が決めていることなので、いくら抗議したところで訴えが通るということはまずないのではないでしょうか。
もちろん、この手の法律に関しても今後高齢者が溢れ、若者が減ってくると改善しなくてはならなくなりますが、現行の法律ではしっかりと計算して納税しなくてはなりません。
ただ、国も鬼ではないので、そこは基礎控除というのが用意されています。
基礎控除と聞くと難しいように聞こえますが、簡単に言えば「この基礎控除の分は税金がかかりませんよ」というものです。
これはどの税金にも考慮されていて、働く人が必ず支払っている所得税などにも基礎控除が適用されています。
基礎控除はそれぞれの税金の項目ごとに用意されていて、その金額というのも違います。
まずはそれらを理解した上で、計算していくことが必要となります。

相続税に関しては、基礎控除として3,000万円が用意されています。
これを上回らない限り、税金が発生するということはありません。
また、法定相続人1人当たり600万円も基礎控除となるため、合計で3,600万円が基礎控除としての枠となるのです。
それを超えない限りは税金も発生しませんし、それを超えていても3,600万円分に関しては、課税対象とはなりません。
それらを考慮して計算していくことが必要となります。
もちろん、「そんなにないから安心だ」と思っている方もいますが、こればかりは住宅や土地などの不動産他、その他被相続人が所有していた財産や資産によって違います。
そこも計算しながら、上手に税金を計算していくことが必要となってくるでしょう。
もちろん、基礎控除の他にも色々とあって、代表的なものとしては配偶者控除などもあります。
さらに特別に用意されている控除も多々あるので、事前に確認すると良いです。

ただ、これらの話に関しては、極力は避けておきたいと思っている方も多いです。
そういう時には、税理士などの専門家に任せてしまうという方法もあります。
税理士に依頼すれば、すべて計算して申告から納付までサポートしてくれるでしょう。
この手の人たちは専門知識が豊富なので、ぜひ活用しましょう。

投稿日:

相続税の計算方法 ここが知りたい

相続01

これから遺産相続をするかもしれないという人に遺産相続にどんなイメージを抱いているか聞いてみると、ほとんどの人があまり良いイメージを持っておらず、何らかのトラブルに巻き込まれてしまうことを心配しています。
実際に全体の70パーセント程度の人たちが遺産相続のトラブルに関わっているという結果が出ていますが、実はその理由のほとんどが遺産相続に関する知識不足によるところが大きいのです。

遺産相続はたくさんの人が経験するにも関わらず、生涯で1回か2回程度しか経験しない人も多いですから、それほど多くの知識を持っておく必要がないと感じている人も少なくありません。
ただ実際に起こっているトラブルの件数や例を見てみると、やはり相続人になるなら基本的なことくらいは知っておいたほうがいいので、今回は遺産相続のトラブルになりやすい相続税の計算方法についてお話していきます。

まず相続税って何?という人のために簡単に説明すると、これは遺産相続したときの財産に対してかかってくる税金で、すべての相続人が対象になるわけではありません。
相続税には基礎控除があって、これが適用されると相続税の負担を減らすことができますから、基礎控除額を求めるための計算式をきちんと理解しておいたほうがいいでしょう。

基礎控除の計算式は現在3,000万円+(600万円×相続人の数)で計算することができ、たとえば相続人が5人いるところであれば3,000万円+(600万円×5)で6,000万円が基礎控除額になります。
つまり相続人の数によって基礎控除額は高くなりますから、相続人はできるだけ多いほうが有利になることもあります。

中には自分の奥さんを被相続人となる親の養子にして相続人を増やすところありますし、遺産相続する財産が多くなればその分負担も大きくなりますのでこういった方法があることも頭に入れておいたほうがいいでしょう。
そして相続税の対象となる財産はプラスの財産からマイナスの財産を引き、そこからさらに基礎控除額を引いた金額が対象になりますから、プラスの財産とマイナスの財産を明確にしておかなければなりません。

プラスの財産やマイナスの財産はどんなものが該当するのかあらかじめ調べておいたほうが良いのですが、種類が多いのでできるだけ専門家に依頼して財産調査をしてもらうといいでしょう。
司法書士や税理士などに協力してもらうと比較的スムーズに手続きができるので聞いてみてください。