投稿日:

相続税と税率について

そのため相続時の額面に加えて発生する税率は肝心なポイントの一つだといえるでしょう。
相続税において基礎控除額からはみ出した分が相続税の対象となり、その取得金額に応じて税率が発生します。

一般的に取得金額が大きければ大きくなるほど税率もあがるので、相続額が大きければ大きくなるほど税金として国に納める必要があるのです。
また相続税の法改正も行われており、1億円を超える金額に関してはより細分化されました。
そのため思っているよりも大きな相続税になることも考えられます。
これから相続税を計算される方は税率に関してもしっかりとチェックしておきましょう。

各法定相続人の所得金額が1,000万円以下の場合、税率は10%となっています。
1,000万円から3,000万円の場合には税率は15%、3,000万円から5,000万円の場合は20%と5,000万円までは2,000万円ごとに5%刻みで増加していきます。
次に5,000万円から1億円までは税率が30%となっており、横ばいになっています。

法改正前までと水準が同じなのが1億円までであり、1億円以降は法改正後税率が異なっています。
法改正前は1億円から3億円までは40%、3億円を超える取得金額は一律50%となっており、やや大まかなわけ方になっていました。
法改正後に関しては1億円以降の取得金額への税率をより細分化しています。
1億円から2億円までが40%、2億円から3億円までが45%となっています。
以前と比べて5%も相続税が異なるケースがあります。

また3億円から6億円までが50%となり、6億円以上の取得金額に関しては55%となります。
結果として5%引き上げとなる金額帯が出現しており、高額な相続財産を受ける相続人こそ節税対策をしっかり行うことが肝心です。
以前よりも大きな節税効果をあげることが出来るといえるでしょう。
相続税が不安だという方は専門家などに相談し、どの程度の金額になるのか一度試算してみるのもおすすめです。