投稿日:

相続税は子供のみだとどうなる?

相続

・相続税で重要な法定相続人の考え方
相続税を計算する時、重要となってくるのが法定相続人です。
法定相続人というのは、いわゆる相続をする側の人たちのことを言います。
逆に相続をさせる側の人を被相続人と呼びます。
これらの考え方については、若干わかりづらいところがあるので、しっかり理解しましょう。
なお、相続人に関しては、被相続人が亡くなった段階で調査が始まります。
主に法定相続人として考えられるのが、妻や夫などの配偶者です。
その他、子供がいる場合には、子供も法定相続人となります。
配偶者も子供もいない場合は、被相続人本人の両親や兄弟姉妹、いとこなどが優先順位ごとに法定相続人となっていきます。
つまり、家庭の状況によって法定相続人はまったく違ってくるのです。
中には過去に離婚歴があったり再婚歴があったりすると、それらの人まで調査が必要です。
隠し子などがいれば、それらの子供たちにも法定相続人の権利がありますからね。

・子供のみの場合だとどうなるのか
法定相続人が子供のみの場合というのも、実は珍しくありません。
被相続人が離婚している場合はもちろん、すでに死別している場合なども考えられます。
そうなった場合は、子供たちが法定相続人として相続を受けるのです。
本来、配偶者が受け取るはずだった遺産を、残りの法定相続人で分割することになります。
つまり、子供が1人の場合は1人で受け取って良いのですが、2人3人と増えていけばいくほど、財産や資産を分割しなくてはなりません。
そこも考えて話し合いを進めていくことが必要となるので注意が必要です。
一応優先順位としては長男や長女が一番で、次に次男や次女という感じで決められています。
しかし、子供たちに優劣はないということで、遺産は均等に分割されるのが一般的です。
そこは子供たちで話し合っていくことが必要となるでしょう。

・相続放棄をする場合だとどうなるのか
子供が1人で、なおかつ相続放棄した場合は、遺産を受け取る人がいなくなるので、国に帰属することになります。
もしくは、被相続人本人の両親や兄弟姉妹がいれば、そちらに相続されます。
また、子供が複数いて、その中の誰かが相続放棄した場合は、他の子供たちがその分を分割して相続するこ都になるのです。
一見すると相続放棄をすれば損をすると思うかもしれませんが、被相続人に借金やローンがある場合は相続放棄も視野に入れておくことが重要です。
わからないことは税理士などに相談してみてください。