投稿日:

相続税法定相続分の計算方法

相続税を計算するにあたって頭を悩ませるのが法定相続分です。
この法定相続分がわからないと感じる方も多いようです。
わからないと感じる方もぜひチェックし、相続税ならびに実際の計算に使えるようにしておきましょう。

法定相続分とは、民法に定められているものであり、各相続人における財産のわけ方、取り分についてこのように分けるのがベストではないかという形にすることです。
つまり優先順位などに基づいて、相続財産をより良く分割するということです。

法定相続分は相続人の組み合わせによって大きく変動します。
例えば配偶者のみが法定相続人となる場合遺産をすべて受け継ぎます。
子供がいる場合には配偶者と子供で1/2ずつ分割します。
このように優先順位に応じて相続人で分割を行います。

配偶者や子は優先順位が高く、相続分も大きくなります。
しかし直系の親族や兄弟、姉妹などの場合は優先順位は低くなります。
相続に配偶者や子がいる場合には優先的に割り振られ、順位の低い親族は1/4などの財産しか相続できないこともあります。
配偶者や子がいない場合に相続財産を受け継ぐ場合には頭割りや均等割りを行うなどということもあります。
このように相続人の形態によって財産の受取が大きく異なるので、計算を間違えないように注意が必要です。

参考:相続について

この他に注意しておきたいポイントは内縁状態の妻は法定相続分に含まれないということです。
正式な婚姻関係が必要であり、婚姻関係の期間は関係ありません。
そのため1日でも婚姻関係を結べば法定相続分に含まれます。

またこの法定相続分は遺言状などが無い場合のみ有効となっています。
後から遺言状が見つかり効力があるとされた場合にはそれに従う必要があります。
あくまでも被相続人や配偶者が尊重されるという点については踏まえておきましょう。

法定相続分や相続税の計算がわからないという場合には専門家などに相談し確認してもらうのが良いでしょう。
より確実であり、想定と違う結果にもなりづらいでしょう。