投稿日:

相続税で考慮したい控除のこと

相続税

相続税は申告と納付の義務がありますが、この税金に関しては納得できない人も多いです。
そもそも被相続人が税金を支払って購入し、税金を支払って維持してきたものを受け継ぐだけで、なぜ税金がかかるのかと憤りを感じている方も少なくありません。
しかし、現行の法律では、相続するだけでも税金がどうしても発生してしまいます。
それは国が決めていることなので、いくら抗議したところで訴えが通るということはまずないのではないでしょうか。
もちろん、この手の法律に関しても今後高齢者が溢れ、若者が減ってくると改善しなくてはならなくなりますが、現行の法律ではしっかりと計算して納税しなくてはなりません。
ただ、国も鬼ではないので、そこは基礎控除というのが用意されています。
基礎控除と聞くと難しいように聞こえますが、簡単に言えば「この基礎控除の分は税金がかかりませんよ」というものです。
これはどの税金にも考慮されていて、働く人が必ず支払っている所得税などにも基礎控除が適用されています。
基礎控除はそれぞれの税金の項目ごとに用意されていて、その金額というのも違います。
まずはそれらを理解した上で、計算していくことが必要となります。

相続税に関しては、基礎控除として3,000万円が用意されています。
これを上回らない限り、税金が発生するということはありません。
また、法定相続人1人当たり600万円も基礎控除となるため、合計で3,600万円が基礎控除としての枠となるのです。
それを超えない限りは税金も発生しませんし、それを超えていても3,600万円分に関しては、課税対象とはなりません。
それらを考慮して計算していくことが必要となります。
もちろん、「そんなにないから安心だ」と思っている方もいますが、こればかりは住宅や土地などの不動産他、その他被相続人が所有していた財産や資産によって違います。
そこも計算しながら、上手に税金を計算していくことが必要となってくるでしょう。
もちろん、基礎控除の他にも色々とあって、代表的なものとしては配偶者控除などもあります。
さらに特別に用意されている控除も多々あるので、事前に確認すると良いです。

ただ、これらの話に関しては、極力は避けておきたいと思っている方も多いです。
そういう時には、税理士などの専門家に任せてしまうという方法もあります。
税理士に依頼すれば、すべて計算して申告から納付までサポートしてくれるでしょう。
この手の人たちは専門知識が豊富なので、ぜひ活用しましょう。

投稿日:

相続税の計算方法 ここが知りたい

相続01

これから遺産相続をするかもしれないという人に遺産相続にどんなイメージを抱いているか聞いてみると、ほとんどの人があまり良いイメージを持っておらず、何らかのトラブルに巻き込まれてしまうことを心配しています。
実際に全体の70パーセント程度の人たちが遺産相続のトラブルに関わっているという結果が出ていますが、実はその理由のほとんどが遺産相続に関する知識不足によるところが大きいのです。

遺産相続はたくさんの人が経験するにも関わらず、生涯で1回か2回程度しか経験しない人も多いですから、それほど多くの知識を持っておく必要がないと感じている人も少なくありません。
ただ実際に起こっているトラブルの件数や例を見てみると、やはり相続人になるなら基本的なことくらいは知っておいたほうがいいので、今回は遺産相続のトラブルになりやすい相続税の計算方法についてお話していきます。

まず相続税って何?という人のために簡単に説明すると、これは遺産相続したときの財産に対してかかってくる税金で、すべての相続人が対象になるわけではありません。
相続税には基礎控除があって、これが適用されると相続税の負担を減らすことができますから、基礎控除額を求めるための計算式をきちんと理解しておいたほうがいいでしょう。

基礎控除の計算式は現在3,000万円+(600万円×相続人の数)で計算することができ、たとえば相続人が5人いるところであれば3,000万円+(600万円×5)で6,000万円が基礎控除額になります。
つまり相続人の数によって基礎控除額は高くなりますから、相続人はできるだけ多いほうが有利になることもあります。

中には自分の奥さんを被相続人となる親の養子にして相続人を増やすところありますし、遺産相続する財産が多くなればその分負担も大きくなりますのでこういった方法があることも頭に入れておいたほうがいいでしょう。
そして相続税の対象となる財産はプラスの財産からマイナスの財産を引き、そこからさらに基礎控除額を引いた金額が対象になりますから、プラスの財産とマイナスの財産を明確にしておかなければなりません。

プラスの財産やマイナスの財産はどんなものが該当するのかあらかじめ調べておいたほうが良いのですが、種類が多いのでできるだけ専門家に依頼して財産調査をしてもらうといいでしょう。
司法書士や税理士などに協力してもらうと比較的スムーズに手続きができるので聞いてみてください。

投稿日:

相続税で活用したいアマゾン

相続

相続税とアマゾンなどはまったく関係ないと思っている方が多いですが、実際にはアマゾンで書籍などを購入して、勉強する方が多いです。
相続税に関しては知らないことも多く、生きている間にもそう何度も経験するものではありません。
だからこそ相続税の計算などは、税理士に丸投げするということも多いでしょう。
しかし、この手の税金に関しては、勉強すればするほど、節約できるようになります。
節税や税金対策を考えるなら、アマゾンなどで書籍を購入しておくというのも良いでしょう。
本などがとても多く出版されているので、興味があるものから読んでみると良いです。
もちろん、そこまで真剣に勉強しなくても良いですが、ちょっとでも情報を知っておくだけで、かなり対処もできるようになります。
本なども多くなっている昨今、その情報はより洗練され、かなりわかりやすくなっているものもあるでしょう。
まずは、それらを活用してみるというのも良いかもしれません。

なお、アマゾンなどにはランキングなども掲載されていて、人気の商品を選ぶこともできます。
人気商品であれば、それは多くの方が読んでいるという証拠にもなるので、上手に活用していくことが必要となるのです。
ちなみに、まずは色々と挑戦してみて、自分に合った方法を見つけていくということも重要となります。
いくら多くの本が出版されているとは言っても、自分に合っているかどうかによって勉強もモチベーションも変わってくるでしょう。
また、できる限りは簡単な言葉で解説されているものを使っていくことが必要です。
専門用語ばかり並べているだけのものだと、正直ただ知識をひけらかされているだけのような気がして、勉強に集中できないことも多いです。
それなら、最初から噛み砕いて説明されている書籍で勉強した方が参考になります。
ちなみに、アマゾンはレビューや口コミもすぐに確認できるので、それらを参考にしてみるというのも良いでしょう。

基本的に税金に関しては、借金やローンとは違って支払い義務を逃れることはできません。

もちろん、借金やローンも原則としては支払うことが必要ですけどね。
そのため、税金の知識はあることに越したことはありません。
なお、税理士などを併用すれば、より安心して相続税を計算していくこともできます。
それらの点も上手に活用して、まずは対処するようにしてみてはいかがでしょうか。
難しいと思いがちですが、勉強すれば相続税もそこまで難しいとは言えません。

投稿日:

具体例を元にした相続税の計算

実際に相続税について金額を元にして具体的に計算してみることでより身近なものになるでしょう。
ご自身のケースと照らし合わせてみることや、または違うケースでの相続税がどのようになるのかを試算してみると理解度が深まります。
これから相続税を計算してみたいと考える方のために具体例や数字を元に計算してみましょう。
続きを読む 具体例を元にした相続税の計算

投稿日:

土地の相続税の計算について

不動産を相続するにあって忘れてはいけないのが土地の問題です。
遺言などで土地にかんする相続を急にしなくてはならない場合などは知識がなく困ることもおおいかと思います。
建物が立っている土地にももちろんですが、相続税が発生します。
意外と相続税の計算に忘れがちな内容ですので、しっかりと計算できるようにしておきましょう。
続きを読む 土地の相続税の計算について

投稿日:

遺産分割協議と相続税の計算

相続税を計算するにあたって、遺産分割協議について抑えておく必要があります。
遺産分割協議とは相続人が複数存在する場合、具体的にどのように分割するのかを話し合うことです。
相続人が複数存在する場合、後々遺産のことで揉め事になったり争いが起こることがあります。
そのため相続財産を分割するための大事な証拠ともなります。
続きを読む 遺産分割協議と相続税の計算

投稿日:

相続税の計算の注意点

相続税を計算する時にそのまま計算を行えば算出することができると思いがちです。
実際に計算方法を記載しているサイトや専門誌などもあり、専門家に依頼せずに個人で簡単に計算できるとうたわれていることも多いです。
しかし初めての方であれば、相続税を計算するにあたって注意点を踏まえて行う必要があります。
どういったところに注意して計算を行うべきなのでしょうか。
続きを読む 相続税の計算の注意点